ノスタルジックジャパン

ノスタルジックジャパン

美しい写真と映像で日本文化を学べるウェブマガジンの構築を進めています。各分野の職人さん、住職さんや神主さんなど、その分野のプロフェッショナルの方達のサポートを受けながら、信頼性が高く確かな情報を国内外に発信します。また、日本文化の根幹にある、自然界との結びつき、静けさの中にある繊細で優美な雰囲気を表現し、伝えていこうとチャレンジしています。

古き良き日本の雰囲気を愛する人たちと国境を越えて繋がり、インターネット上に小さなコミュニティーの創出を目指します。

 

>>ノスタルジックジャパン(日本語)

✳︎現在は日本語版のみ


旅のガイドサイト

新潟〜東北を中心に昔の日本の雰囲気を持つスポットをピックアップし、国内外に向けて紹介しています。

コンセプト

海外の人達から見た地方都市の最大の魅力は、自然豊かな風景の中を安全に冒険できること、そして古き良き日本を五感で体感できることだと考えています。彼らと話していると、私たち日本人には当たり前すぎることに興味を示すことが多々あります。彼らの目線に立ってリサーチをしながらコンテンツを発掘し、「異空間を体感すること」の表現にこだわって発信しています。

また地方都市の大きな魅力の一つは治安の良さにあります。テロの脅威が続く中で、人々の心理は平和で静かな場所に行きたいという方向へシフトしていくと考えています。その平和でのどかな空気感をこのプロジェクトの中で写真や映像を通して表現し、伝えていきます。

ノスタルジックな空気感

東京や京都など主要な観光名所は豪華で華やかですが、現在は観光客で溢れ、日本文化の真髄にある侘び寂びなどの空気感に必要な「優雅な静けさ」からは遠くかけ離れています。地方都市にしかない武器の一つとして、着飾らないありのままの原空間があります。昔を想う「ノスタルジア」という世界共通の感覚を全面に押し出して、規模の大きさ、また有名か無名に関わらず、その素朴さと静けさで人を惹きつける観光スポットを紹介していきます。

tohoku-tsunami新潟〜東北へ

2015年の外国人の宿泊者数は6637万人泊に増加したのに対し、東北6県では50万5,000泊と、震災前の水準を1%上回ったに過ぎません。未だ震災による影響が根強く残っていることや東北人の発信下手な気質(新潟も含めて)もあって、観光による恩恵を受けづらい状態にあります。東北復興支援の意味合いを込めて、私たちは拠点の新潟から東北地方へとフォーカスし、コンテンツ制作の範囲を広げていきます。

 

ウェブマガジン

2015年6月よりスタートし、ウェブマガジンの構築を進めています。現在は地元新潟が中心のコンテンツとなっていますが、資金を作り県外へも足を運んでコンテンツ制作を広げていきます。また将来的にはオンラインショップへ動線を弾いて、海外のエンドユーザーへ日本の製品を直接紹介できる仕組みを作ろうと考えています。

>>ノスタルジックジャパン – 旅のガイドサイト (日本語)

>>Nostalgic Japan (英語)